動物の繁殖には、減数分裂を経て形成される卵や精子などの特別な細胞(配偶子)が必要とされます。なかでも卵を作る過程には、産卵する雌にしか認められない様々な変化が観察されます。卵を囲む膜(卵膜)は蛋白質でできており、その合成調節機構および形成過程は雌にのみ認められる生理学的変化の一例です。本研究室では、免疫生化学および遺伝子工学の技術を用いて魚類の卵膜がどのように形成されるかを解明し、水産学、生殖生物学、環境生物学分野に応用することを目指しています。

研究テーマ
1.卵膜前駆蛋白遺伝子のクローニング
2.卵膜前駆蛋白(コリオジェニン)の免疫生化学的解析

教授:藤田 敏明
専門分野:魚類生理学、免疫生化学
主な担当科目:バイオ環境工学基礎演習I・II(データ解析・有機化学・生化学担当)、生物環境化学工学演習I(物理化学・分析化学・有機化学担当)、生物有機化学、分子遺伝学、遺伝子工学、バイオ環境プロセス工学、キャリアデザイン、バイオ環境工学基礎実験、変換プロセス工学(大学院)など
主な設備機器:サーマルサイクラー、クロマトシステム(AKTAシステム)、電気泳動装置(SDS-PAGE)

主な研究業績
1. Fujita T., Scott A. P., Katsiadaki I., Amano H., Hong L., Hiramatsu N., Todo, T. and Hara A. (2009) Purification of Multiple precursors for egg chorion proteins in Atlantic cod (Gadus morhua). Zoological Science 26: 870-877.
2. Amano H., Fujita T., Hiramatsu N., Todo T. and Hara A. (2009) Purification and classification of three lipovitellin subtypes in the marbled sole (Pleuronectes yokohamae). Zoological Science 26: 510-516.
3. Hong L., Fujita T., Wada T., Amano H., Hiramatsu N., Zhang X., Todo T. and Hara A. (2009) Choriogenin and vitellogenin in red lip mullet (Chelon haematocheilus): purification, characterization, and evaluation as potential biomarkers for detecting estrogenic activity. Comparative Biochemistry and Physiology 149C: 9-17.
4. Fujita T., Fukada H., Shimizu M., Hiramatsu N. and Hara A. (2008) Monthly changes in the serum levels of two choriogenins and vitellogenin in male masu salmon Oncorhynchus masou. Fisheries Science 74: 1198-1200.
5. Fujita T., Fukada H., Shimizu M., Hiramatsu N. and Hara A. (2008) Molecular cloning and characterization of three distinct choriogenins in masu salmon, Oncorhynchus masou. Molecular Reproduction and Development 75: 1217-1228.