学科長/教授 鶴田 猛彦  (教員プロフィール)


【専門分野】 微生物工学、有機化学


【担当科目】 生命環境科学概論、生命環境科学導入デザイン、基礎化学Ⅱ、有機化学、バイオ環境工学基礎演習Ⅱ、生物有機化学、食品製造学、バイオ環境工学実験Ⅰ、バイオ環境工学演習Ⅱ、バイオ環境工学セミナー、卒業研究


【研究内容】 微生物やバイオマスあるいは天然物を使ってウランやトリウム、プルトニウム、希土類元素、核融合や電池にも有用なリチウム、貴金属で先端産業にも有用な金などを水圏から回収する研究を行って来ました。 現在は、カドミウム、クロム、金、希土類および福島原発で問題になっているセシウム、コバルト、ストロンチウムの除去・回収について研究を行っています。 微生物を使って、生体内酸化を抑え、種々の病気の原因になる物質の生産を阻止する物質の生産や、化学的には酸化が難しいアルキル基末端メチル基の微生物酸化に関する研究も行っています。

柿渋ゲルカラム
金微生物還元1回のコロイド状金
金微生物還元2回のコロイド状金
学園祭でも学生が出している人工イクラを利用した微生物入り人工イクラカラム。金やカドミウムの回収に利用。
細菌から酵母、カビまで各種微生物を使って実験をおこなっています